しいたけ夫(お)の雑記ブログ

基礎体温が低いのは万病の元?基礎体温を上げる方法とは?

f:id:takumi102938:20190109235128j:plain

 

こんばんは、しいたけ夫です。

 

最近また寒くなりましたよね。

本日テレビで見たのですが、インフル患者が増えてきたようで、

患者数がインフルエンザ注意報レベルを越えたなんて記事がありました。

 

news.livedoor.com

 

 何もなくとも冬は乾燥しているので風邪を引きやすくなりますよね。

湿度も低くなり、ばい菌にとっても過ごしやすい状態になっています。

 

タイトル通りなのですが、万病の元と言われているのが、

低 体 温 !

 なんとなく低体温って悪いイメージですが、具体的にどうなるか不明な方も多いと思います。

低体温のデメリットと、改善策・解決法を紹介していきます!

 

低体温とは?

低体温症とは違いますよ。

人間の平均気温は一般的に36.5℃前後と言われておりますが、

低体温とは36℃以下ぐらいの人を指すようです。

 

しいたけ夫は36.6℃ぐらいだった気がするので多分低体温ではないな…

 

低体温で起こる症状とは?

 

・冷え性
・頭痛
・腰痛
・睡眠障害
・肩こり
・肌荒れ・・・etc

 

 その他、発がん性が高くなる可能性もあります。

 

なぜ低体温が万病の元なのか?

下記を参考にさせていただきました。

体温を上げて 免疫力アップ | カラダの豆事典 | サワイ健康推進課

 

体温が高いと血液の流れがよくなり、免疫力が上がります。

私の血液の中には免疫機能を持っている白血球があり、血液を巡りながら、

外部からのばい菌・ウイルス、又体内で出来たがん細胞をやっつけてくれています。

 

低体温だとこの白血球の動きが、鈍くなるため免疫力が下がります。

特に今って低体温の人が多く、50年前と比べると平熱が0.7℃も低いそうです。

 

ちなみに平熱は朝・昼・夜を数日測ってその平均を出してください。

 

低体温になる原因とは?

筋肉不足が主な原因です。

昔に比べて低体温の人は増えてきているようです。今になってそれが顕著化しています。

昔の人って家事やら何から何まで自動化していないから、

生活する中で自然と筋肉がつくから、平熱が上がって基礎代謝もいいんだろうなあ。

 

筋肉がついていない=肥満率でもないとは思うけど、少し興味深いデータがあった。

f:id:takumi102938:20190111215749j:plain

  

独立行政法人国立健康・栄養研究所というところが発刊しているデータで少し古いですが、男性の肥満率は高くなり、女性の肥満率は低くなっているそうです。

今2019年ですからその後のデータも気になるところですね。

 

その他にも、

  1. 風呂に浸からずシャワーのみの人が増え、身体が温まる前に出てしまう。
  2. 冷房の使いすぎで体を温める機能の低下
  3. ストレスによって血行が悪くなり、体温の低下
  4. 水・ビール・コーヒーなど必要以上の採りすぎによる排泄機能低下による体温低下。

 

体温を上げる方法は?

筋肉をつける

1日30分程歩く

東京ならば一駅分歩くとかも有効かもしれません。

しいたけ夫も最寄り駅まで15分ぐらい歩くので往復で30分ですね。

 

筋トレをする

最近、NHKの筋肉体操って流行ってますよねぇ。

【筋肉は裏切らない!!】

でも本当に基礎体温も上がるし、裏切らないのかも。

ただあそこまで何も疑いもなく筋肉を信じれる人はなかなかいないんじゃないかなあ

 

ちなみにしいたけ夫は今、

  • 腕立て
  • 腹筋
  • 背筋
  • 体幹トレーニングをしています。

腰がやられてたので筋トレをし始めたっていうのもありますけどね。

 

www.shiitake0326.net

 

 風呂にゆっくり浸かる

毎日湯船に浸かるだけでも違います。最近東京や地方都市のアパート・マンションはシャワーのみのところもあるため出来ない人もいるかもしれませんが・・・

 

身体の暖まるものを食べる

これは過去記事で多少なりまとめてあります。

どっちかといえば冬の寒さを防ぐため・・・という意味合いが強いですが。

 

www.shiitake0326.net

 

身体を温めるおすすめアイテム

 前にも紹介したことがあるのですが、

 

VENEXと大学との共同研究で繊維の中に【ナノプラチナ】と呼ばれるものが入っています。ここのメーカーが言うには日本人は特に交感神経が刺激されており、家に帰って寝るときも常に昼と同様、交換神経が働いており緊張している状態。それでは寝るときにもよく眠れず疲れが取れないままとのこと。

 更には血流改善にも有効で保温効果にも優れているため、疲れを取りながら、体を暖めることが出来ます。

この本を買うと付いてきます。しいたけ夫もこれで買いました。

他のネックウォーマーと比べても温かいのは実感できます。寝るときにつけると本当冬でも汗かいてしまいます。(元からしいたけ夫が発汗がすごいっていうのもあるが)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

色々なサイトを見たりしても、やはり筋肉をつけることが一番ですね。

何か習慣づけないと人間って長続きしないので、

無理しない程度にできる範囲で長く続けれるようにしていきましょう。

しいたけ夫も回数は少ないですがほぼ毎日続けるよう心掛けています。

 

まあでも色々試してみて効果が出るものを採用すれば良いとは思いますけどね。

何か他にもいい方法あったら教えてください!

 

それではまた!