しいたけ夫(お)の雑記ブログ

面白い雑学まとめてみた①

f:id:takumi102938:20190212225953j:plain

 

こんばんは、しいたけ夫です。

 

月曜日からハードな一日でした。もう今日は記事書くの辞めようかなと思ったんですけど、ここで辞めたら(ほぼ)毎日更新がー…と。

 

何か理由がない限り基本的に更新することにしています。ただ最近は移動中もあまりブログのことを考える時間がなくてネタが考えれていません。・・・言い訳ですね。

 

ただ今日読んでいた記事で面白い雑学をまとめてみたという記事がありました。結構読んでいて面白かったので独自に面白い雑学を調べてみました。

 

暇つぶし程度にさらーっと読み流してくださいな。

 

 

 

血を吸う蚊はメスだけ

 

f:id:takumi102938:20190212233717j:plain

 

 題名の通り血を吸う蚊はメスだけです。厳密にいうと交尾後のメスであり、卵を産む前のメスのみが血を吸います。オスや通常時のメスは花の蜜などを吸っています。

 

卵を産むためにはタンパク質が必要となり、人間の血だけでなく馬や牛などの血も吸います。通常蚊の体重の2~3倍ぐらいの血を吸うのですが全て卵を産むためのエネルギーに消費されるそうです。

 

ちなみに蚊は世界で一番人間を殺している生き物だそうです。人間が武力抗争なども含め人間を殺している人数が約40万人に対して、蚊は約70万人だそうです。

 

蚊は病気の運び屋とも呼ばれるぐらいの生き物で、人間の血や動物の血を吸って、また違う生き物の血を吸うときに病原菌が運ばれます。日本ではあまりありませんが、アフリカなどの国だと多いようですね。

 

伯方の塩はメキシコ産やオーストラリア産だった!?

 

f:id:takumi102938:20190212233908j:plain

 

 は!か!た!の!しお! で有名な伯方の塩ですが、塩作る原料はメキシコ産やオーストラリア産だったのです。

 

メキシコやオーストラリアの塩を輸入し、日本の海水で溶かして再結晶化させる製法を取っているそうです。

 

原産地は原料が取れた国で、原産国は最終加工を行った国ですので、日本で加工をしている以上原産国は日本のようです。

 

ちなみに塩は賞味期限がないようですよ。元々防腐剤の役割があるためだそうです。塩の規格でも取り決めがされているそうです。

 

その他伯方の塩や塩のことについて伯方の塩がまとめたサイトがありました。

www.hakatanoshio.co.jp

 

中々ニッチなHPですが、興味ある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

 

 

木魚は眠らないために叩いているだけ

 

f:id:takumi102938:20190212234302j:plain

 

 

 

木魚とは

仏前で読経する際にたたいて鳴らす道具。木製体鳴楽器。もとは細長い木材を魚形に刻み,魚板と称して,これを打って集合の合図として用いた。のちに円形,中空,細長い穴をうがって表面に魚の鱗を彫刻したもの (魚鼓) が現れ,読経の調子をとる道具として使用されるようになった。大きさは 1mに及ぶものから 6cmくらいのものまであり,桴 (ばち) も使い分けられる。現代音楽の楽器としても用いられている。

引用元:木魚(もくぎょ)とは - コトバンク

 

お葬式やお参りの時などによく聞くとは思いますが、調べてみると神聖な意味合いなどは一切ないようです。

 

お坊さんがお経を唱えながら木魚を叩いているため、何か神聖な理由があって叩いていると思ってましたがそうではないようです。

 

元々はお経を唱える時に、お坊さんや修行僧が寝てしまうことを防ぐために木魚が叩かれていたそうです。そうなると今家に来てお坊さんが木魚を叩いているのは「流れ」なんですかねぇ…。

 

木魚ってなんかいい感じの音が鳴るので眠くなるんですよね…。寝ちゃいけないと思いつつもお坊さんの声もなんだか心地よいリズムのような感じがしてしまって…。いけないですね。

 

ちなみに「木魚」ということで魚の文字が入っており、魚の鱗が木に彫られているのは、魚はずっと目をあけていることから寝ないという象徴的な意味合いで魚の鱗が彫られているそうです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

以外とへー!と思う内容もあったのではないでしょうか。何かあった時にふと思い出してもらえれば話のネタにはなるかもしれないですね。

 

書いていて思ったのですが一番役に立つ記事だったかもしれない。何せしいたけ夫はこういうくだらない話が大好きだから。これシリーズ化しよ。

 

それではまた!