【超簡単】失敗しないペペロンチーノの作り方。たった7つで出来る簡単激うま調理法とは!?

Sponsored Link

しいたけ夫
しいたけ夫

どうも、しいたけ夫(@shiitakeo0326)です。

皆さん、ペペロンチーノって難しいな…って印象ありませんか?しいたけ夫もそのイメージだったのですがあるポイントさえ押さえてしまえば、美味しいペペロンチーノが作れますよ。

重要ポイントは塩と乳化です。

さあ、いってみよう!

Sponsored Link

ペペロンチーノとは?

実はペペロンチーノとは、イタリア語で【唐辛子】という意味なんです。よくペペロンチーノと言われているものの正式名称は、

アーリオ・オーリオ・エ・ペペロンチーノ

アーリオは【ニンニク】
オーリオは【オリーブオイル】
エは英語でいうand
ペペロンチーノは【唐辛子】です。

まとめるとニンニクとオリーブオイルと唐辛子で作るパスのことです。日本ではアーリオ・オーリオとペペロンチーノと違うイメージがありますが本場イタリアでは一緒です。

日本ではアーリオ・オーリオとペペロンチーノの分け方としては、アーリオ・オーリオは辛くないペペロンチーノは辛い そんなイメージです。

しいたけ夫
しいたけ夫

明日から使える雑学ですね!

Sponsored Link

ペペロンチーノの作り方とは?

ペペロンチーノの材料(1人前)

・にんにく 1欠片
・オリーブオイル 大さじ2(30cc)
・唐辛子(鷹の爪) 1本
・水 1L
・塩 小さじ2(10g)
・パスタ 100g
・コショウ 少々
最低必要なのは上記のみ!水と塩はパスタを茹でる時に使用します。重要なのは上記ピッタリの量ではなく、水に対して1%の塩を入れることです。
ペペロンチーノの味付けはこのパスタの湯で汁で決まります。後でソースに使うのもオリーブオイルと茹で汁なので、ここをミスると全てミスします!
後はお好みでたまねぎ1/4個やベーコンなどを入れるとバリエーションが増やすことが出来ます。マ・マーの袋が優秀すぎて他のパスタ買ってもこれに入れてるから、表記時間がどんどん更新されている…
しいたけ
しいたけ

そこは無視して!!

ペペロンチーノの作り方手順

①ニンニクと唐辛子(鷹の爪)を切る

ニンニク1欠片はみじん切りではなく、薄切りにします。ペペロンチーノではニンニクは香りづけ・味付けだけではなく1つの具材です。しっかり歯ごたえのあるように薄切りにしましょう。

しかしみじん切りが好きな人もいるようです。個人的にはどっちも美味しいですが具材として楽しみたいので薄切りが好きですね。

唐辛子(鷹の爪)1本は辛み付けだけであれば中の種だけは出して、半分に切って終了です。1つの具材として食べたいとき・辛みを感じたいのであれば輪切りがオススメです。

しいたけ夫の好みとしては、ニンニク薄切り・唐辛子輪切りです。

②フライパンにオリーブとニンニクと鷹の爪を入れる

フライパンは正直どんなフライパンでも構いません。一番良いのは熱伝導率の良いアルミパンですが、しいたけ夫は普通のフッ素コートのフライパンを使用しています。

オリーブオイル大さじ2(30cc)と切ったニンニク・唐辛子(鷹の爪)をフライパンに先に入れておきます。先にフライパンにこれらを合わせておくとオリーブオイルに香りや絡みが移って最終的に味がしっかりします。

オリーブオイルはペペロンチーノのソースの肝となる部分です。オリーブオイルをケチったら美味しいペペロンチーノは出来ません!しっかり大さじ2(30cc)入れましょう!

③パスタを茹でる

鍋に水を入れて、塩濃度1%になるように塩を入れます。

水1L(1000ml) ⇒ 塩10g
水2L(2000ml) ⇒ 塩20g
パスタで大事なのはパスタを茹でる時の塩分濃度です。ほぼここでしか塩を入れません。後で味調整のために多少塩を振ることもありますが。
ここで塩をケチってしまうと何か物足りないパスタになってしまいます。しっかりとパスタにも塩味をつけるために塩を上記の分量だけ入れましょう。
その他、この茹で汁は後でオリーブオイルと絡めてソースを作ります。その時に味がないと、最終的に味のない不味いパスタになってしまうため要注意です。
パスタは表記時間の1分前に上げるようにしましょう。最終的にソースに絡めるためフライパンで火を通すので、その際に伸びてしまわないようにです。

④フライパンでソースを作る。

先に入れていたオリーブオイル大さじ2(30cc)と唐辛子1本、ニンニク1欠片が入ったフライパンに火を入れましょう。
最初は中火~強火でOKです。ニンニクが上の写真のようにフツフツしてきたら弱火にします。この時弱火でじっくりと火を入れます。
この時に中火~強火だとニンニクに火が入りすぎてしまい苦くなってしまいます。弱火で火を通している間に唐辛子やニンニクの香りや味がオリーブオイルに移るのでここ重要です。
その後、ニンニクが少しきつね色になってきたらパスタのゆで汁(40~50cc)をフライパンの中に入れて、かき混ぜてます。
この時オリーブオイルとゆで汁が分離した状態ですが、かき混ぜることによって乳化します。乳化とは本来混ざり合わないもの(水と油)などを微粒化して混ぜること。詳しくは下記。
乳化の原理とはどんなもの? 仕組みや用途を解説!
乳化、もしくはエマルジョンという言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。 しかしいったいどういうことなのか?と問われるとうまく答えられない人がほとんどだと思います。 そこで今回は、乳化とそれによく似た
パスタのゆで汁を入れることによってニンニクにこれ以上火が通らないようにする効果もあるので、パスタが茹であがる前にニンニクに火が通りそうな場合は茹で汁を入れて乳化させておきましょう。
乳化前
乳化後
乳化後の写真が躍動感ありすぎてすみません。写真撮るのにめっちゃ焦ってブレました。笑

⑤パスタが茹で終わったら、フライパンに移しソースと絡める。

パスタを表記の1分前に上げて、フライパンに移しソースと絡めます。この時、フライパンで乳化をしてから時間が経っていた場合は再度分離している可能性があるのでもう一度乳化させます。(火を通しながら混ぜる)

ソースと絡めながら、1本食べて味を確認し、味が足りなければ塩を追加して入れてください。その後30秒程混ぜ合わせれば完成。

タイミングが分かり辛いですが、パスタがソースと絡むとソースがパスタの表面にコーティングされて表面がテカります。全体的にそれが出来たら完成です。

お皿に盛りつける時は中心を高く、パスタをひねりながら盛り付けると映えます。さらにパスタを皿に盛り付け終わったら、コショウ少々をふりかけて完成です!

更に映えを狙うのであればパセリのみじん切りなどを振りかけると緑が入るので彩りもキレイですよ。スーパーとかで100円のふりかけみたいなやつがあるのでそれでもOKです。

↓こんなやつ

Sponsored Link

まとめ

いかがでしたでしょうか。

慣れてくるとパスタを最初に茹でで、パスタを茹でている間に材料切って、ソース作って、パスタが茹だったタイミングで入れて…と効率良くできます。

後で気づいたのですが、最初の材料の紹介写真ではベーコンを入れているのに入れるのを忘れていました。本来のペペロンチーノには入っていないので今回は本場のに近い形…ということで。

そんなに切ったりとか何かしたりの作業ないですからね。本当に楽に美味しいペペロンチーノが出来ますよ。

重要なことは、

・パスタを茹でるときに塩分濃度1%にする
・オリーブオイルをケチらない
・しっかり乳化させる
全てケチったら負けです。総じてパスタはケチったら負けです。美味しくありません。それでも費用って上記だけなら200円ぐらいで出来るんじゃないですかね?
コスパは最強で簡単でめちゃくちゃ美味しいペペロンチーノの作り方でした。アレンジを加えたい方はこのメニューにキャベツを入れたり、ベーコン入れたりしてください。
その他、醤油とだしを入れれば和風ペペロンチーノにも出来ます。それも作り方改めて解説してみようと思います。
しいたけ夫
しいたけ夫

みんなでペペろうぜ!
それではまた!

タイトルとURLをコピーしました